[映画好き必見]7000作品以上掲載の映画情報サイト「MIHOシネマ」を紹介

その他・趣味

映画好きならあるあると思っているのですが

「今日なんの映画見ようかなぁ」で1時間くらい悩んでしまったりしませんか?

僕はVODサービスの映画一覧をずーっと眺めてしまうことあります。

1時間も眺めてたら映画見れちゃいますよね。

もし、僕のような優柔不断の方がいたなら「MIHOシネマ」をおすすめしたいと思います。

「MIHOシネマ」とはMIHOシネマ編集長の影山みほ(@mihocinema)さんが運営する映画サイトです。

今回は「MIHOシネマ」の魅力を紹介していこうと思います。

掲載作品7000以上

「MIHOシネマ」の魅力の1つが掲載作品数が7000以上。

かなり多いですね。沢山の作品を紹介してあって「今日はなんの映画を見よう」と言う悩みが解決されます。

しかもそのラインナップが本当にいい映画が多くてとても助かっています。

起承転結で説明がわかりやすい

MIHOシネマで紹介されている映画がいい映画と思える理由の1つでもある「説明のわかりやすさ」起承転結ごとに説明されているのであらすじがわかりやすいです。もちろん起承転結なのでネタバレありです。

わかりやすい説明や、記事の最初の冒頭文、最後の作品レビュー全てがわかりやすくて作品の魅力が伝わります。

ネタバレが嫌な方はあらすじの最初の方だけ見るといいでしょう。

詳しい作品情報

作品情報が詳しく記載されていてわかりやすいです。

監督や主なキャスト、上映時間もですが1番役に立つ情報が

配信されているVOD一覧が記載されているところです。

この情報はVODサービスを利用している僕にとってはかなりいい情報です。VODサービスで映画をよく見る人には欠かせない情報ですね。

作品に対するレビューの質の高さ

感想、レビューが記載されているところを読むと映画から得られる考え方や価値観、その映画の魅力がよくわかります。

僕は大きなネタバレを避けたい時には作品の感想のところを最初に読んで面白そうな作品を見てみるようにしています。

そして映画ブログサイトを作っている僕からしたら参考にもなります。

サイトのクオリティの高さ

「MIHOサイト」のサイトのクオリティそのものがすごく高いです。

レビューの内容、作品の情報量、あらすじのわかりやすさ、作品数の豊富さ

そして僕が1番魅力に感じるところが「サイトマップ」のわかりやすさ。

サイトマップがわかりやすいという事は知りたい情報がすぐ見つかる

このようにカテゴリー毎に知りたい情報が探しやすいんです。

上映中から映画のジャンルなど様々なカテゴリで映画を探すことができます。

コレは僕的には1番の魅力だと思います。

さいごに

  • 掲載作品7000以上
  • 起承転結ごとにストーリーを解説(ネタバレあり)
  • 詳しい作品情報
  • 作品に対するレビューの質の高さ
  • サイトのクオリティの高さ

主にこの4点が「MIHOシネマ」の特徴だと思っています。

7000以上の作品が掲載されているのはとても嬉しいですね。

僕も映画ブログサイト作っていますがかなり参考になりますし、見ていて役に立つ上に楽しいです。

サイトマップもかなり見やすくて知りたい映画情報がすぐ見つかりますのでサイトとしてかなりクオリティが高く映画で迷ったら僕はすぐこのサイトを覗いてます。

本当に「生活を豊かにする映画メディア」だと思います。

映画ブログサイトだけではなく「MIHOシネマ」のYouTubeもありますのでそちらもご覧になってみてください。

MIHOシネマのYouTubeチャンネルはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました