「ジョーカー JOKER」あらすじネタバレとレビュー 狂気の本質がわかる 無料視聴

おすすめ映画

2019年公開された「ジョーカー JOKER」

この映画は問題作品になった。あまりにも狂気的かつ普遍的な内容故なのかアメリカでは上映中の殺人シーンで大きく拍手した観客の人がいたり不審な行動をとる人がいたりで観客が自主避難するほど。

賛否沸かせたこの映画の興行収入約は106億円。

こんなにも話題作になった理由はこの映画自体がジョーカー的な映画だったからだと言えるでしょう。

この映画は家で見て良かったです。少なくともアメリカで見なくて良かった。

今回は映画ジョーカーのあらすじネタバレ感想と視聴方法を紹介しています。

「ジョーカー JOKER」のあらすじ

舞台は1981年、財政難で清掃業者のストライキによって人心の荒むゴッサムシティ。コメディアンを夢見る大道芸人のアーサー・フレックは、不良少年たちからも馬鹿にされて暴行を受けるほど貧困層でも無力な存在。過去には精神病院で隔離された経験を持ち、現在は福祉センターでカウンセリングを受けていた。7種類の精神安定剤を併用するほどの重度で、常に持ち歩いているネタ帳となった日記には、猥褻な写真や乱雑なメモの中に「この人生以上に硬貨(高価)な死を望む」と書き込んでいた。共に同居する母親ペニーはアーサーを”ハッピー”とあだ名で呼び、以前に家政婦として働いていたウェイン家の主トーマス・ウェインからの返信を日々待っていた。また、アーサーにとって唯一の楽しみは母親と一緒に観るマレー・フランクリン・ショーで、いつか司会者マレー・フランクリン自身から後継者として指名されることを妄想をしている。だが実社会では周囲に溶け込めず、また発作的に笑い出すという病気を患っているために、仕事でも報われない人生を送っていた。

Wikipedia

「ジョーカー JOKER」の詳細は「MIHOシネマ」にも詳しく記載されています。

MIHOシネマはこちら

「ジョーカー JOKER」の見どころ

ジョーカーの見どころを分かりやすく3つに分けて説明させていただきます。なぜ問題視されるようになったのか、単純に映画としてはどうなのか色んな視点で見どころを掘り下げてみましょう。

普遍的且つ狂気的な物語

この映画はジョーカーの誕生の物語になっています。

ジョーカーが誕生するまでのそのストーリーがあまりにも普遍的で狂気的な内容になっているためその狂気染みた内容に沢山の共感があったのが問題作となった大きな理由になったと言えるでしょう。

主人公アーサーはボケた母親の世話をしながら売れないコメディアンとしてギリギリの生活をしているいわゆる貧困層。世の中から疎外されていくにつれアーサーは狂気に染まっていきジョーカーになっていく話。

アーサーは最初からサイコパスではなかったのです。

彼はただ人より少し苦労して生きてそれでも明るく生きるためにもがいていた普遍的などこにでもいる1人。

彼が抱えている悩みも普遍的で誰でも共感できる。実際僕も共感できるし口コミにも共感コメントが多かっです。

的を外さないその悩みや苦労、憎しなどマイナス部分がこの作品のジョーカーらしさなのでしょう。

映像の美しさ

この映画の単純な魅力の1つが映像。

名シーンでもある階段を踊りながら下るシーンやジョーカーに扮するシーンはなんだか神秘的と言うか感動的というか明るくて美しいものです。

ジョーカーに扮するということは狂気的な一面ですがなぜか綺麗に見える。

ストーリーをおってみてるからなのか映像の演出なのか、又はその両方なのか分かりませんがとても印象深いです。

アーサーと言うキャラクター

本作の主人公であるアーサーはとても愛嬌があり、感情的な人物にも見えます。

ジョーカーと聞くと知的でサイコパスで血もなもだもないみたいなイメージがあったり悪役と言うイメージが強いため、感情的で優しくて愛嬌がある人物だとは思えなかったです。

母親の世話をし、コメディアンを目指すため懸命に頑張っているところから優しさや、愛嬌を感じられます。子どものような純粋さと似ているのでしょうか。

それゆえに狂気に染まってしまったのかもしれませんが、それも自分を解放したような姿で生き生きとして明るいように見えます。簡単に言うならはしゃいでいるように見えました。

「ジョーカー JOKER」の無料視聴方法

「ジョーカー JOKER」を視聴するにはブルーレイ、DVDもいいですが僕がオススメする方法はVODサービスで無料お試し期間を利用する方法です。

この方法で完全無料で映画を見ることができます。

例えば、U-NEXTの31日間無料お試し期間を利用し期間中に登録解除すればタダで映画が見れます。期間中は映画見放題です。

U-NEXT無料お試し視聴はこちら

感想 ネタバレあり

今作はジョーカー誕生の物語となっています。

アーサーがピエロ姿で3人の証券マンを殺害したことによって便乗して盛り上がりピエロの仮面を被ってジョーカーを支持するデモ抗議の若者達。彼らもアーサーと同じ悩みや不満を持つ人達なのでしょう。
まるで、今作の映画とその観客のような気もします。

そう思わせるシーンについてnoteに解説してありますので続きはこちらをご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました