「コンテイジョン」あらすじとネタバレ無料視聴方法を紹介 コロナウイルスの混乱そのもの!? 

おすすめ映画

アメリカのパニックスリラー映画「コンテイジョン」

今回はコンテイジョンのあらすじと視聴方法を紹介。

2011年の映画。ウイルス感染によって混乱していく世界を豪華キャストとリアリティに徹底した脚本で描く物語。

2011年の映画とは思えないほど新型コロナウイルスの混乱とかぶる場面があり、今再注目をあびている。

もしかしたらこの映画から学ぶことがあるのかもしれない。

そう思い今このタイミングで紹介した。

僕が視聴した方法はVODサービスのU-NEXTです。

「コンテイジョン」のあらすじ

香港への出張旅行を終えたベスは、空港で電話をしながら時折咳き込んでいた。風邪の引き始めのようにも見えるが、その2日後に突然はげしい痙攣を起こして意識不明に陥る。彼女の夫であるミッチは彼女を急いで病院に連れて行くが、未知の病気で劇症型脳炎を発症しており、そのまま死亡してしまう。感染が拡大したシカゴは戒厳状態に移行していく。同時に、世界各地で同じように感染拡大が発生する。

Wikipedia

リミットの詳細は「MIHOシネマ」にも詳しく記載されています。

MIHOシネマはこちら

「コンテイジョン」の見どころ

この映画はウイルス感染によって街中の暴動、そしてネット経由の情報拡散によっての混乱などパンデミックにより起こる人類の反応をリアルに再現された映画。

そのリアリティは演者の演技力や専門家からの助言によって再現可能となった。

「恐怖はウイルスより早く伝染する」と言うキャッチコピー通りこの映画の見どこはウイルス感染によって人々に与える影響のリアルさだろう。

ウイルスと言う見えない恐怖とインターネット経由の情報の恐ろしさが今作でよくわかる。

「コンテイジョン」の無料視聴方法

「コンテイジョン」を視聴するにはブルーレイ、DVDもいいですが僕がオススメする方法はVODサービスで無料お試し期間を利用する方法です。

この方法で完全無料で映画を見ることができます。

例えば、U-NEXTの31日間無料お試し期間を利用し期間中に登録解除すればタダで映画が見れます。期間中は映画見放題です。

U-NEXT無料お試し視聴はこちら

感想 ネタバレあり

最後に誰も突き止められなかった感染源が明かされるシーンが流れる。

主人公の嫁ベスが務めていた会社が栽培していたバナナをコウモリが食べそのフンを豚が食べその豚が香港に流れる。その豚を調理したシェフにベスが会いたいと言いシェフは手を洗わずに握手をしてしまう。そこから感染が始まったのだ。

コロナウイルスの原因がコウモリだと言った人はきっとコンテイジョンを見たに違いない。知らんけど。

私利私欲のために嘘の情報をネットに流すアランや、家族を救うため捜査上の秘密を漏らしてしままうチーヴァー。

アランは詐欺の容疑で捕まるが自分のブログで得た収益で釈放金を払い自由の身に。チーヴァーは秘密を漏らしたことがバレてしまい一連の責任を負う事に。だがチーヴァーは知り合いや身近な人にワクチンを優先させ常に人のために動いていた。

この映画では感染に怯える人、それを阻止するために勤める人、騒動を利用する人、あらゆる立場の人間模様を見ることができる映画でネット情報の危険性や恐怖に対する精神的な強さを学ぶことができる。

正直、この映画が2011年の映画だとは思えないクオリティだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました