映画バットマンシリーズ [ダークナイトトリロジー]を見る順番を解説!ビギンズから観た方がいいの?無料視聴方法も教えます

映画

どうも。映画ブロガーのしょーです。

今回は、映画バットマンシリーズの「ダークナイト トリロジー」の見る順番を解説しようと思います。

て言うか、解説するような事じゃないんですよね。

何を迷ってんだって話なんです。普通に上映された順番で見りゃいいんですよ。

複雑な時系列で進んでないんで安心して上映された順番で試聴してください。

むしとそうした方が絶対いい。「ダークナイト」だけ観た人とかいると思うんですよ。3部作の中で圧倒的な人気を誇るんで。

でも、できることなら記憶消してください。そして「バットマン ビギンズ」から観て欲しいです。

結論、上映順の「バットマン ビギンズ(2005)」「ダークナイト(2008)」「ダークナイト ライジング(2012)」の順番で試聴してください。

バットマンの実写映画シリーズの映画で紛らわしいところを強いてあげるとすれば

バットマンの映画沢山あるってところです。

バットマン作品って沢山あるんでどれが何のシリーズの作品かがわからなかったりしますよね。

そこが紛らわしいっちゃ紛らわしいですね。

なので見分ける方法を一つ教えときます。これさえ覚えてれば間違えようがないってヤツを。

それは”作品の監督名を把握しておくこと”です。

因みに今日紹介する3部作は「ダークナイト トリロジー」と言われるシリーズで監督は「クリストファー・ノーラン」監督です。

もう一度言っておきます。「クリストファー・ノーラン」です。この監督の作品は大体間違いないんで他の作品もおすすめ。

これさえ知ってれば他のシリーズと間違えることはないと思いますよ。

もう、この記事の1番伝えたいこと言っちゃった・・・。

もう理解したって人は早速観ちゃって下さい。

U-NEXTで全作品観れます↓

もうちょっと映画の詳細しりたい方は

映画の詳細とか、試聴する方法とか、ちゃんと「ビギンズ」から観て欲しい理由とか、具体的なことかいてますんで最後まで読んでってください。

「ダークナイト トリロジー」シリーズの紹介

「ダークナイト トリロジー」とはノーラン監督の実写バットマン3部作シリーズ作品のことです。

バットマンの映画の中では多分1番人気のシリーズなんじゃないでしょうか。

なんでかって2作品目の「ダークナイト」がとてつもない人気を誇る作品だからです。

だから「ダークナイト」だけしってるって人多いと思います。

正直もったいない。ダークナイトは伝説の映画と言われるくらい名作中の名作。だからこそこのシリーズ全部見て欲しいんですよ。

ダークナイトだけ観て満足してる人結構いるんですよね。

実際、僕がそうでした。ダークナイトだけ観てめっちゃ語ってました。それだけめちゃめちゃよくできた映画なんですけど、1作目からみると尚その良さが伝わるし、3作目がめちゃめちゃ観たくなります。

詳しくはこれから一作ずつ紹介していきますね。

「バットマン ビギンズ」の詳細

ダークナイトトリロジーの1作目「バットマン ビギンズ」

これはシリーズで最も重要な内容になっているので絶対に見て欲しい作品。

そもそも1作目観ずに2作目3作目観るのって変な話なんですけどね。

でもタイトルが露骨に変わるし分かりやすく1とか2とか書いてないんでちょっと分かりにくいですもんね。

なので、1作目の「バットマン ビギンズ」はとても重要だってことを知ってて欲しいんです。まずはこれから観てください。

「バットマン ビギンズ」の感想レビューはこちらの記事↓

ゴッサム・シティの富豪、トーマス・ウェインの息子ブルース・ウェインは、幼少期に幼馴染のレイチェル・ドーズと遊んでいた時に庭の古井戸に落ち、コウモリの群れに襲われる。以来コウモリに怯える様になり、両親と観劇していたオペラでコウモリ姿の役者を怖がって退場したところ、路地で強盗に襲われて両親は射殺されてしまう。孤児となったブルースは執事のアルフレッドに育てられていた。ウェイン夫妻殺害の犯人ジョー・チルは逮捕されて服役していたが、14年後、マフィアのボス、カーマイン・ファルコーニの犯罪を証言する事で仮釈放が認められた。ブルースはチルに復讐すべく銃を隠して待ち伏せていたが、ブルースの眼前でチルはファルコーニの手下に射殺される。地方検事の補佐となっていたレイチェルは、チルの殺害を正当化するブルースを咎め、不況の街に犯罪を溢れさせるファルコーニこそが元凶だと説く。ブルースはファルコーニと対峙するが、司法と癒着する犯罪者の前に自分は無力である事を思い知らされる。

Wikipedia
バットマン ビギンズ(字幕版) (予告編)

キャスト紹介

ブルース・ウェイン/バットマン:クリスチャン・ベール

ヘンリー・デュカード/ラーズ・アル・グール:リーアム・ニーソン

レイチェル・ドーズ:ケイティ・ホームズ

ジェームズ・ジム・ゴードン:ゲイリー・オールドマン

ルーシャス・フォックス:モーガン・フリーマン

ジョナサン・クレイン/スケアクロウ:キリアン・マーフィー

ラーズ・アル・グール(影武者):渡辺謙

「ダークナイト」の詳細

ビギンズまで試聴したならとうとう伝説の作品まで観れますね。

「ダークナイト」がなんで伝説の作品とされたのかと言いますとこの映画に登場するヴィラン「ジョーカー」の存在が大きいかと思います。

こんなに存在感があってカリスマ性のある悪役キャラはジョーカーくらいしかいないんじゃないかな。

ジョーカーを演じた「ヒース・レジャー」の怪演がそのジョーカーのよさを引き出したと思います。ただ残念ながら「ヒース・レジャー」はジョーカーを演じた後、亡くなりました。自殺です。それもあって今作のジョーカーが伝説的な影響を与えダークナイトが有名作品になりました。

「ダークナイト」の感想レビューはこちらの記事です↓

映画『ダークナイト』特別予告

素性不明の犯罪者ジョーカーに雇われた、道化師マスクを被った男たちがゴッサム・シティの銀行を襲う。それぞれの役目を終えた男たちは仲間から殺され、最後に一人だけが残った。マスクを外した男はジョーカー本人で、銀行に預けられていたマフィアの資金を奪って逃走する。ゴッサム市警のジム・ゴードン警部補は、謎の男バットマンと共に組織犯罪撲滅に尽力していたが、これに新任の地方検事ハービー・デントが協力を申し出る。バットマンの正体である大富豪のブルース・ウェインはハービーとの対話で彼の高潔さに感銘を受け、彼の選挙支援を申し出る[7]。ブルースは堂々と悪と戦うハービーこそがゴッサムの求める真のヒーローであると考え、バットマンの引退を考えていた。ブルースは幼なじみでハービーの同僚であるレイチェル・ドーズに想いを寄せているが、レイチェルの気持ちはブルースとハービーの間で揺れていた。ジョーカーの犯行からマフィアの隠し資金が警察に露見し、各マフィアのボスが集まって対策を練る中、問題の張本人であるジョーカーが現れる。ジョーカーはマフィア弱体化の原因であるバットマンの殺害を提案し、報酬として全資金の半分を要求して去る。ボスの一人ギャンボルはジョーカーに腹を立てて懸賞金を掛けたが、死体の振りをして運び込まれたジョーカーに切り殺されてしまい、ジョーカーは彼の組織を乗っ取る。ブルースは秘密裏に香港に潜入すると、マフィアの金庫番である中国人実業家ラウを拘束してゴードンに引き渡す。司法取引に応じたラウの供述からゴッサム市警は多くのマフィア構成員を逮捕する。これがバットマンの力によるものだと悟ったマフィアはジョーカーの提案を受け入れる。

Wikipedia

キャスト紹介

ブルース・ウェイン/バットマン:クリスチャン・ベール

ジョーカー:ヒース・レジャー

レイチェル・ドーズ:マギー・レジンホール

アルフレッド・ペニーワース:マイケル・ケイン

ジェームズ・ジム・ゴードン:ゲイリー・オールドマン

ルーシャス・フォックス:モーガン・フリーマン

ハービー・デント/トゥーフェイス:アーロン・エッカート

「ダークナイト ライジング」の詳細

シリーズ最終作「ダークナイト ライジング」

シリーズ最強の強敵「ベイン」との戦いが描かれれいる作品。ジョーカーとは違って今作の敵は戦闘力が高い。

そしてゴッサム史上最悪の危機が訪れる!2作目まで観た人は是非最後まで見届けて欲しい。最高のラストが待ってます。

「ダークナイト ライジング」の感想レビューはこちら↓

ダークナイト ライジング(予告編)

地方検事のハービー・デントの死から8年。デント法によりゴッサム・シティ警察はほぼ全ての組織犯罪を根絶した。一方、バットマンに扮しゴッサムの不正と戦ってきたブルース・ウェインはデントの犯した罪をかぶりバットマンとしての活動から引退、ウェイン産業の職務からも遠退いていた。そんな状況の中、ウェイン産業の役員で会社の乗っ取りを企むジョン・ダゲットの依頼によりウェインの自宅にメイドとして潜入していたセリーナ・カイルが、犯罪歴を抹消するソフトウェア「クリーン・スレート」と引き換えにブルース・ウェインの指紋を盗み、併せてバイロン・ギリー議員を誘拐する。セリーナはダゲットの部下に指紋を渡すも裏切られ、ダケットの傭兵たちと戦闘状態となる。セリーナは警察に通報し、ジム・ゴードン市警本部長を含むゴッサム市警がその取引現場に到着する。市警と傭兵たちとの間で戦闘になり、セリーナはその混乱に乗じて逃走する。

Wikipedia

キャスト紹介

ブルース・ウェイン/バットマン:クリスチャン・ベール

ベイン:トム・ハーディ

ミランダ・テイト:マリオン・コティヤール

セリーナ・カイル/キャットウーマン:アン・ハサウェイ

アルフレッド・ペニーワース:マイケル・ケイン

ジェームズ・ジム・ゴードン:ゲイリー・オールドマン

ルーシャス・フォックス:モーガン・フリーマン

無料視聴方法

この記事を読んでくれたあなただけに

ダークナイト トリロジー3部作を無料で視聴する方法を特別に教えようと思います。

3部作全部無料で観れますよ。

しかも、簡単に。

その方法は”U-NEXTのお試し期間中に観る”だけです。

U-NEXTのお試し期間とは登録すると最初の31日間は無料でサービスが利用できる+600pのプレゼントがもらえるんですよ。

なので一旦登録して、観たい作品を見終わったら解約してしまえばいいんです。

*解約は期間中にしないと料金が発生してしまいます。

他にも無料で観れる作品は沢山あるんでバットマンのダークナイト トリロジーだけじゃく気になる作品があったら31日間に観れるだけ観る事をオススメします。

因みに、僕がこのブログで感想レビュー書いてる映画のほとんどはU-NEXTで視聴したものです。

僕も最初は「お試しだけ使ってみよう」くらいの感覚だったんですが、めちゃめちゃ映画観ちゃうんでそのまま利用してます。

登録と解約をするだけで31日間映画がタダで見放題なんてお得すぎません?

もっとU-NEXTについて知りたい方はこちらの記事を読んでください↓

「バットマン ビギンズ」がどれだけ重要なのか

シリーズものの映画は当然1作目から見るに限ります。

その方が間違いないです。

「ダークナイトトリロジー」はスターウォーズみたいに複雑な順番でもないですし、上映順に見ていただければ何も問題ないです。

ただ、バットマンの作品が沢山あってちょっと紛らわしいくらい。

でも「ダークナイト」が名作すぎて「バットマン ビギンズ」を観ずに「ダークナイト」観てる人がちょいちょいいるみたいで・・・非常に勿体無い!!

映画の作りが良すぎて「ダークナイト」だけでも面白すぎる故に、それで満足されてるのがもったいなさすぎるんですよ。

「ダークナイト トリロジー」は2作目がメインじゃなくて”3部作通して全てがメイン”なんです。

なのでちゃんと「バットマン ビギンズ」から観て、「ダークナイト ライジング」まで見て欲しい。

1作ごとのメッセージ性が反映せれているので3作順番通りに観ると映画の世界観の入り方が半端ないんです。

本作の監督クリストファー・ノーランと言えば「メメント」や「インセプション」や「テネット」などの難解映画、伏線が張り巡らされた作品で有名ですよね。

でも本作の「ダークナイトトリロジー」はそんな要素はあまりなく、ストーリー性と作品のメッセージ性が魅力になっています。

映画の本質的な要素でも傑作を作れると言うノーラン監督の凄さが際立つ作品ですね。

そのすごさを体験するためにも「バットマン ビギンズ」がら是非見て欲しいです。

「バットマン ビギンズ」は主人公ブルースがバットマンになるまでのお話。

バットマンになるきっかけや、それを支えてきた人物などラストまで重要な役割を果たす人物がメインで登場するのでここを観てると観てないとじゃ「ダークナイト」や「ダークナイト ライジング」での理解度もかわってきます。

複雑ではないのですが、人物に対する思い入れが変わってきます。

簡単にまとめると

「バットマン ビギンズ」ではバットマン誕生のお話。

「ダークナイト」では「バットマン ビギンズ」で培ったものが打ち壊される。

「バットマン ライジング」では「ダークナイト」以降引退したバットマンが復帰し、ヒーローになるお話。

シリーズごとに感想記事書いてますので3作品観たら是非読んでください。

実は僕、このシリーズは「ダークナイト」から入ってるんですよね。なので「ダークナイト」だけ観て「ジョーカーすげぇ」ってなる気持ちめちゃめちゃわかるんですよ。よく解説記事とかで「正義とは何か」とか言ってる人いますけど、ビギンズから観ると「そんなどころじゃない!この作品はもっと人間の心理を突いてる!」ってなるんですよ。

とにかく今回3部作通して連続で観たところ「ダークナイト」の作品の本質、メッセージ性がすごく伝わったんです。詳しくは「ダークナイト」の感想記事に書いていますのでよかったら読んでみてください。

それだけ「バットマン ビギンズ」は重要な作品になってきます。他2作品をより濃厚にする素みたいな役割になっています。

バットマンの他実写作品シリーズ

バットマンの他の実写作品もざっくり紹介していこうと思います。

バットマン オリジナルムービー(1966年)

1966年のTVドラマ「怪鳥人間バットマン」の劇場版として公開されたのが本作。

元祖バットマン映画としてDCキャラクターが登場する初の長編映画作品である本作。元々のコミックらしいギャグ要素を豊富につめこんで、実写ならではの表現も取り入れたバットマン作品。

この頃のジョーカー(シーザー・ロメロ)はコメディ要素が強いみたいですね。

バットマン(1989)

ティムバートン監督「バットマン」シリーズの1作目。

初代バットマンの「マイケル・キートン」とジョーカー「ジャック・キコルソン」で有名な作品。

バットマン リターンズ(1992

ティムバートン監督「バットマン」の続編。

続編の「バットマン リターンズ」でもティムバートン監督の世界観が満載でこのティムバートン作品のファンも多いです。

主演はマイケル・キートンが続演。

バットマン フォーエヴァー(1995)

前作の雰囲気を変えようという製作側の方針で監督が変わった作品。

監督は「セント・エルモス・ファイアー」などの青春映画を手がけたジョエル・シュマッカー監督。

本作の敵役「トゥーフェイス」はトミー・リー・ジョーンズ。

バットマン&ロビン Mr.フリーズの逆襲(1997)

バットマンシリーズ第4作。監督は前回のジョエル・シュマッカー監督が務めている。

今作で、3代目バットマンとして「ジョージ・クルーニー」が選ばれたり、敵役のMr.フリーズは「アーノルド・シュワルツネッガー」ポイズン・アイビーは「ユア・サーマン」だったりと、豪華大スターを集結。

まとめ

実写バットマン映画の「ダークナイト トリロジー」の見る順番は

「バットマン ビギンズ」

「ダークナイト」

「ダークナイト ライジング」

の上映順で問題ないです。

是非この順番でみて下さい。

他のバットマン作品もこのダークナイトトリロジーシリーズもまとめて無料で試聴したい方には

U-NEXTでの試聴をお勧めします。

U-NEXTについてはこちらを読むとわかりやすいです↓

今なら31日無料お試し期間中なので無料で映画を試聴できます。U-NEXTに登録するならこちら↓

コメント

タイトルとURLをコピーしました