「mid90s」感想ネタバレ 登場人物が全員人間臭い普遍的な青春映画

映画

「ウルフ・オブ・ウォール・ストリート」のドニーを演じた名俳優ジョナ・ヒルの初監督、脚本であるデビュー作品「mid90s」

ジョナ・ヒル自身が過ごした90年代ロサンゼルスを舞台にした青春映画。

やってくれたなジョナ・ヒル!

めちゃめちゃいい映画だよ!!

90年代の青春映画で、人間臭い部分が細部まで強調されてどの登場人物達も憎めない愛らしいヤツらばっかり。

若さ故の嫉妬心とか好奇心とか意地とかなんとか色々見応えがありました。

登場人物の魅力、細部にこだわりを感じた演出など見どころも紹介。

今回はネタバレが含まれていますのでまだ視聴してない方はお控えください。

あらすじ

『ミッドサマー』のスタジオA24が贈る青春映画『mid90s ミッドナインティーズ』予告編

13歳の少年スティーヴィーはひと回りも身体のデカい兄にボコられ、いつも悔しい思いをしていた。

兄よりも強くなって見返してやりたいと思っていたある日、路上でスケボーをしてる青年達を目にする。

兄の部屋に忍び込みスケーターカルチャーについて調べ、自らその世界に足を踏み入れようとショップに通うようになった。そこで出会った同じ年くらいのスケーターの少年と仲良くなり、スケーターグループの自由でクールな姿に憧れるが…。

本当は悪いヤツじゃないんだよって言いたくなるヤツら

当時のスケーター達は今で言うヤンキーみたいな目で見られてるみたいです。

それもそのはずで立ち入り禁止の場所で滑ったり、酒やドラッグに明け暮れたりなど

いわゆる、若気の至り真っ最中なわけです。

ただ、それは一面なだけで彼らの人格そのものが極悪というわけでないのです。

この映画はストリートカルチャーにのめり込んだ彼らの内面的なものを細かく表現されて人間臭さがでてます。

主な登場人物ごとにどんな人間臭さが出ているのか掘り下げてみましょう。

スティーヴィー(本作の主人公13歳の少年)

まだあどけなさがある純粋無垢な少年。

いつも兄にボコられてる。兄の部屋にこっそり入って兄の憧れているストリートカルチャーと出会う。

ルーベンの挑発に乗って出来ないジャンプにチャレンジするところを見ると多分負けず嫌いで怖いもの知らずだと思う。スケボーのショップに1人で入ったり、怖い兄の部屋に忍び込んだりと割と度胸があるタイプなんでしょう。

イアン(スティーヴィーの兄)

弟スティーヴィーの事をボコる。

多分だけど男社会のカーストでは底辺の方にいるためスケーター達のようなヤンキーっぽい人達が苦手。弟に鬱憤ばらしですぐボコる。本当はストリートカルチャーに憧れてるし、弟思い。

弱い自分とは正反対で憧れであるカルチャーに染まる弟の姿を見て複雑な心境でいる。

だが、最後に弟思いの一面を見せてくれる。

ルーベン(多分同じ年くらいのスケーター)

最初は自分に舎弟が出来たと思い可愛がっていたが、仲間内の中心人物であるレイやファックシットに気に入られだし自分の地位が脅かされると思い敵意むき出しになる。

ルーベンはもしかしたらイアンと性格が似てるのかもしれない。

格下だと思う相手に強気にでたり、ストリートカルチャーの表面的な部分に憧れてたり。若さ故に、勘違いを起こしてる可愛いタイプ。これ若いから許されるヤツ。

ただ、ルーベンは自分の地位を守るために必死なのも分からなくないんです。

ルーベンの母親はルーベンとその妹に虐待をしているのです。家に居場所がない、自分の居場所は仲間のいる所だと思っているのでしょう。

フォースグレード(スケーターグループで1番貧乏)

フォースグレードはいつもカメラを回してる無口キャラ。

あまり喋らないし、いじられ役って感じ。

彼はいつか映画を撮りたいと言う夢があって常にカメラを手放さない。

最後にフォースグレードが撮ったビデオを観るが、彼の撮影、編集はめちゃめちゃクール。

ファックシット(グループの中心人物イケメンキャラ)

ファックシットは口癖があだ名になった男です。何があってもすぐ「ファックシット!」と言う。お調子者で気さくで楽しい事しか考えてない楽観主義。それ故に将来や現実から逃げる癖があるっぽい。

だけど人一倍優しい。多分1番スティーヴィーに声をかけてたと思う。

レイ(ファックシットと親友。グループの中心人物)

グループの中では1番スケボーが上手く将来の夢はプロスケーター。硬派で壊そうな面持ちだがめちゃめちゃ仲間思い。

母親と喧嘩した後スティーヴィーの事をすごく気にかけていたし、スティーヴィーの事を思って母と喧嘩した原因であるお酒やパーティを控えさせようともしてたところやレイの現実逃避癖を心配すしてる所がを見るとしっかり者だと思う。

みんなの悩みや家庭環境をよく知っているところからするとみんなのメンター的な存在。

感想ネタバレ

ジョナ・ヒル自身が過ごした10代の頃のロサンゼルスを舞台に初監督、脚本を手掛けただけあってめちゃめちゃリアリティ溢れる90年代が描かれてました。

とは言っても僕が90年代の頃は産まれたばかりでコレがリアルなのかどうなのかさっぱりですw。

目をキラキラさせながら「こんな世界だったのか~」とワクワクしながら90年代の雰囲気に浸り楽しみました。

疑いもなく、これがリアルな90年代なのかと思える程、作品の世界に入りこんじゃいました。多分近々スケボーを買うかもしれないです。

登場人物の人間臭さ、日常の雑音や効果音、BGMに合わせた演出がこの作品のリアリズムを作っているのではないのでしょうか。

特に日常の雑音や効果音が良く聞こえる感じがしました。

例えばスケボーのカーッて走る音とか、外から聞こえる車や電車の音とかが目立ってたように感じます。臨場感があって自然と作品の世界に入り込んじゃいました。

終盤の事故のシーンも、観る人の不意を打つタイミングでキューッバーンッてな感じでブレーキ音と衝突音。

この展開事故だな~と思ってても驚きました。

登場人物もみんな魅力的です。

誰も憎めない感じで人間らしい人ばかりでみんないいヤツなんです。仲間の中心となるレイは一見怖そうな雰囲気ですが、蓋を開けるとめちゃめちゃいいやつで芯があって仲間思い。礼儀もあってしっかり者。

その親友のファックシットはお調子者でいつも楽しい事ばかり考える楽観主義。だけど実は人一倍優しいヤツって所が見えて憎めないタイプ。1番主人公に話しかけてましたね。

僕が長男だからなのか青春映画でつい注目しちゃうのがお兄ちゃんなんです。

弟に対して威張ってて、暴力も振るうし、でも本当は気弱。ヤバイお兄ちゃんかなと思ってたらその本心はすごーーーく弟思い。

弟思いの反面、自分よりも先にストリートカルチャーに踏み入った弟にやきもちも。

めちゃめちゃジレンマを感じますよね。

僕も最近弟が中型のバイクの免許とってバイク大好き人間になってあのお兄ちゃんと同じ気持ちで弟の事見てました。

僕の場合バイクにそこまで関心がないので強いやきもちはないですけど、カッコいい事してるって事にやきもちですね。

僕は弟をボコる事はなかったんですけど、なんか共感してしまいました。

あのお兄ちゃんには友達も居なさそうだし、多分イケイケのスケーター達みたいなのと絡めないタイプなんでしょう。男社会の中でもおそらく底辺の方に属するタイプで日頃の鬱憤ばらしに弟をボコってたのではないでしょうか。でも弟思いの一面があって憎めないですね。

この作品は私生活や、人間の細部を強調されて作られてるのではないのかと思いました。そう言った所がリアリズムを生み、きっと何年に生まれてもこの映画を観た人は「リアルな90年代だな~」って感じちゃうんじゃないでしょうか。

普遍的な青春の風景をわざわざ映画にしたって所が僕にとってかなりツボになったと思います。

最近みた青春映画ではナンバー1くらいの映画になりました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました