「ダークナイト」のレビュー ヒース・レジャー最後の名演技 無料視聴方法を紹介

映画

ジョーカーと言えばバットマンの宿敵。

2019年の10月には「JOKER]と言う映画が話題になりましたね。この映画にはバットマンは出でこないのですが、主人公がジョーカーに豹変していく姿が描かれています。

今回僕が紹介する映画は2008年に製作された「ダークナイト」

監督のクリストファーノーランが描くダークナイトのジョーカーの方が印象強いんじゃないでしょうか。

クリストファーノーランといえば数々の名作映画を残した監督で「MEMENTO」や渡辺謙が出演した「インセプション」など、そして2020年にはクリストファーノーラン最新作「テネット」が公開予定。

ノーランが描くジョーカー「ダークナイト」のあらすじ、見どころを紹介していきます。そして無料視聴方法も紹介していますので最後まで読んでいってください。

映画「ダークナイト」のあらすじ

道化師マスクを被った犯罪者の一団がゴッサム・シティ銀行を襲うが、一団は互いに裏切りあって最後の一人になるまで殺し合う。生き残った男はジョーカーであり、銀行に預けられていたマフィアの資金を奪って逃走する。ブルース・ウェインことバットマン、地方検事のハービー・デント、ゴッサム市警のジム・ゴードンの三人は、ゴッサムから組織犯罪を無くすため活動していた。ブルースはハービーの理想に感銘を受け、彼のキャリアをサポートする一方、堂々と悪と戦うハービーこそがゴッサムの求める真のヒーローであると考え、バットマンの引退を考えていた。ブルースは幼なじみで検事のレイチェル・ドーズに想いを寄せているが、レイチェルの気持ちはブルースとハービーの間で揺れていた。マフィアたちが集まり、サルバトーレ・マローニ、ギャンボル、チェチェン人ボス、会計士のラウが会議を始める。ラウは自身に危険が及ぶのを察知して香港に逃亡したためテレビ通話で参加したが、会議にジョーカーが現れ、バットマンは法律によって妨げられないことを警告する。ジョーカーはマフィアの資金の半分と引き換えにバットマンを殺す事を提案する。ギャンボルはジョーカーの態度に腹を立て、懸賞金をかける。しかし、会議後に彼はジョーカーによって殺されてしまい、ジョーカーが彼の組織を引き継ぐ。最終的にマフィアはジョーカーの提案を受け入れる。

Wikipedia

ダークナイト 映画予告編

映画「ダークナイト」の見どころ

ダークナイトの見どころと言ったらジョーカーが作中で言う名言ですね。

バットマンに対するジョーカーの考えや思い。

ジョーカーが人間に対して何を考えているのかわかる数々の名言が登場します。

例えば

「人間が善でいられるのは奴らを取り巻く環境がいいからさ」

ダークナイトの名シーンである取調べの時のセリフ。

「人間の常識やモラルなんて冗談みたいなもんさ。そんなものトラブルが起こりそうになったらすぐ棄てられるんだ。奴らの状況が常識やモラルを持たせてるだけのことさ」とバットマンに語っている。

ハービーやゴッサムの住人のことを語っているようにも見えるこのセリフ。人間は誰でも心に悪を抱えていると語っている。

悪に徹しているジョーカーの思考がジョーカーの魅力だと言えるでしょう。

映画「ダークナイト」の視聴方法

ダークナイトを視聴するにはブルーレイ、DVDもいいですが僕がオススメする方法はVODサービスで無料お試し期間を利用する方法です。

この方法で完全無料で映画を見ることができます。

例えば、U-NEXTの31日間無料お試し期間を利用し期間中に登録解除すればタダで映画が見れます。期間中は映画見放題です。

U-NEXT無料お試し視聴はこちら

さいごに

映画「ダークナイト」 を無料で視聴するにはU-NEXTなどVODサービスの無料期間を利用するといいでしょう。

2019年の10月には「JOKER」が上映されましたね。この作品のジョーカーもダークナイトと違った魅力があります。

悪役キャラで大人気を集めるジョーカーの魅力を感じてもらえたら嬉しいです。

そしてクリストファーノーランの作品としても楽しんでほしいです。

2020年にはノーラン最新作「テネット」が上映予定。こちらも楽しみですね。

U-NEXT無料お試し視聴はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました